不倫で全てを失った、不倫のデメリット

不倫で全てを失った

既婚者の彼との恋。恋に落ちてしまったものは、誰にも責められるものではありません。
でもやはり社会常識においては、「不倫はいけないこと」であるという認識があります。
「不倫」を辞書でひいてみましょう。「人の道に外れたこと」という意味です。
しかし現代社会において、価値観の変化とともに人の恋愛観や夫婦関係も多様化してきました。
不倫という言葉も珍しいことではなくなってきたのではないかと思われます。

 

あなた自身も自分が不倫をしてしまう、と思って生きてきたわけではなく、たまたま愛した相手に配偶者がいただけ、ということもできます。
真剣に愛し合って幸せなのに、やはり不倫関係にあるということは世間では冷たい目で見られがちです。

 

二人だけが幸せなら何もいらない、という考え方もありますが世間と隔絶された世界へ逃げて行けるわけではありません。

 

世間や周囲の人たちと折り合いをつけながら、彼との関係を維持していきましょう。

 

もちろん周囲に秘密にしている時ならまだしも、関係が発覚した時のデメリットはかなりのものです。

 

1.彼、またあなたの社会的地位が脅かされます。

社内不倫ならもちろんのこと。
社内不倫の場合、たいてい女性が会社を退職することになります。
男性が退職することはよほどのことがない限りありません。
ですが、金融関係などでは不倫の発覚で、出世が阻まれるなどのデメリットがあるでしょう。

 

 

2.金銭的な問題では慰謝料、彼に子供がいた場合の養育費。

もちろんあなたに夫と子供がいた場合にも慰謝料は発生します。
今後の生活も転居する可能性もありますので、何かと出費は多くなります。

 

 

3.子供たちの問題も発生します。

彼とあなたどちらかが既婚者で、離婚をしなくてはいけない時。
裁判になる場合は少ないですがそれでも家庭裁判所での調停で今後の慰謝料、養育費、子供の親権について話し合うことになります。
話し合いが決裂したら裁判まで進行することもあります。

 

 

4.親族や周囲の人たちとの関係。

もちろん激変することが予想されます。
激しい反対にもあうでしょうし、縁を切られることもあるでしょう。
しかし最終的には親や親族が助けになることもあります。
理解をいただくために、彼とともにきっちりと話をしにいったほうがいいと思われます。

 

以上デメリットをあげましたが、これらは逆に考えるとこれだけのことを乗り越えて、成就したときには幸せが待っていると思って二人で力をあわせて乗り越えることが大切です。

 

どのような形でも愛を成就させるのには、大変な努力がいります。
またこの場合愛を成就させるために、築いた生活を壊さなくてはいけないという大きな障害が横たわります。
乗り越えてこそ、二人の本当の愛が試されるのではないでしょうか。

 

 

いけないことだとわかっていても、好きという気持ちは止めらない.

 

はじまってしまった不倫の恋

 

彼の奥さん・周りの人.・友人にも知られるわけにはいかない

秘密の恋愛は、彼しか相談相手も、信じる人もいない閉じた状況

 

「誰にも相談することができない」ということは、不倫の恋を続ける上で大きなストレス

それがうかつな行動につながってバレてしまったり、彼の気持ちが離れていってしまったりしてしまうかも

 

そんな時には当たると評判の大手占いサイトで不倫について相談してみませんか?

口コミで「当たった!」と、大人気!

 

不倫専門の占い師も選べれて電話一本でコッソリ相談できちゃうんです!

 

好きな人の未来をプロの占い師の先生に尋ねてみましょう♪

 

不倫体験談