デキ婚で略奪した社内不倫

デキ婚で幸せになる結末もある社内不倫

いつどんな場合でも、許されない結婚を望む場合、妊娠が一つの大きな手段であることは私自身が周囲のいろんな愛の結末を見て、思うことです。

 

若すぎる、あるいは年が離れすぎている、とにかく激しい親の反対にあっている、どんな境遇の二人でも、
こと「子供ができた」と言えば双方の親族は大喜びで、事態は一気に終息に向かうことが多いのです。

 

これを社内不倫に置きかえてみましょう。
社内で不倫関係にあるあなたと彼。どちらかが既婚か、あるいはどちらも既婚であることも珍しくありません。

 

もちろんまだ離婚は成立しておらず、再婚の見通しも立っていません。

 

もちろん、ことが公になったら社内は大騒ぎで、どんなことを言われるか一切予測はできません。

 

概ね、誹謗中傷を受けることは覚悟したほうがいいかもしれません。

 

ところが、「子供ができたようだ」といったん話が広がれば、周囲も「それじゃ仕方ない」と言いだすものなのです。

 

どんな状況の二人でも、互いに家庭を壊して一緒になったとしても新しい命の前には、だれしもが口をつぐむものです。

 

 

新しい命には罪はありません

もちろんそれを利用するわけではありませんが、例えば長く不倫関係を続けていて、なかなか事が進展しない、例えば互いにもう家庭を出て一緒に住んでいる場合でもなかなか離婚が成立しない場合も多々あります。

 

そんな状況を打破するたえにも新しい命の芽生えが、後押しすることがあるのです。

 

もちろんそのことすら誹謗中傷の的になるかもしれませんが子供が生まれてしまえば、子供まで責めることはできません。子供は何も知らずに生まれてきます。

 

またもし、不倫相手の子供を連れ子として一緒に生活する場合に、新しいお母さんとの間にできた新しい兄弟は、家庭を安定させるものです。

 

不思議に新しい子供は、家庭を落ちつけ結びつきを強くします。

 

赤ちゃんの持つ力は不思議なものです。

 

どんなにいがみあった親子でも、孫ができたことで和解したり、長らく会ってない親子関係が修復できたり、だれしもが小さい命の誕生を喜ぶものです。

 

そして計画的ではなく、予測外の妊娠ならそれが彼との縁であったと自分たちも納得できますし、互いのつながりも深くなります。

 

不倫の最中には真剣に結婚を考えてくれなかった彼も、本気になってくれるきっかけ、そして彼の真意と真実の愛を知るためにも、妊娠出産は乗り越えるべき壁の一つでしょう。

 

 

もちろん、何もかもを妊娠出産で解決できるわけではありませんが、二人の結びつきがより深まることは確約されます。

 

もし、周囲に喜ばれなくても、互いに傷つきあいながら不倫という関係を乗り越えて夫婦になる証として、二人だけで思い切り愛情を注いで慈しんでほしいものです。

 

そうすればきっと幸せになれる。

 

それが子供を授かる、または授けてもらい一緒になるという運命であったのだ、と二人確認し合える事象だと思います。

 

 

 

いけないことだとわかっていても、好きという気持ちは止めらない.

 

はじまってしまった不倫の恋

 

彼の奥さん・周りの人.・友人にも知られるわけにはいかない

秘密の恋愛は、彼しか相談相手も、信じる人もいない閉じた状況

 

「誰にも相談することができない」ということは、不倫の恋を続ける上で大きなストレス

それがうかつな行動につながってバレてしまったり、彼の気持ちが離れていってしまったりしてしまうかも

 

そんな時には当たると評判の大手占いサイトで不倫について相談してみませんか?

口コミで「当たった!」と、大人気!

 

不倫専門の占い師も選べれて電話一本でコッソリ相談できちゃうんです!

 

好きな人の未来をプロの占い師の先生に尋ねてみましょう♪

 

不倫体験談